夏バテとは

夏バテ対策
  1. トップページ >
  2. 夏バテとは

夏バテとは

夏の暑さと冬の寒さは、四季のある日本では当たり前のことですが、冬は厚着をすれば寒さをしのげます。しかし夏は裸になっても暑ければどうしようもありませんよね。

そんな暑くて湿気の多い日本の夏が苦手だという人も多いのではないでしょうか。とは言え日本に住んでいる間は毎年くる暑い夏に備える必要があります。それにはまず夏バテの正体を知り、予防をしなければなりません。


夏バテのメカニズム

夏バテ会社員

夏にばてる」ことから夏バテと呼ばれています。ハワイ旅行にいった人なら分かると思いますが、南国のハワイより日本の夏の方が暑苦しくて過ごしにくいです。

これは気温だけでなく湿度が高い高温多湿の日本だからなんです。湿度の低い熱帯のハワイの方が過ごしやすいのはそのせいなんです。

夏バテのメカニズムですが、人間は暑いと汗をかいて体温を一定に保とうとします。汗をかくと体内の熱を拡散させます。そうすると当然体内の水分が減少するので、自然と喉が渇き水分を補給します。水分が補給されれば元の状態に戻ります。

しかし高温多湿の状態が長く続くと、汗を慢性的にかき続け、必要以上に水分を取りすぎます。そのため体内の塩分が不足します。そうなると体がだるく疲れやすくなります。水分や冷たいものを取りすぎることで、消化機能が落ちて、食欲がなくなります。

食欲が無くなるため、栄養の少ないあっさりとした食事が多くなって、カロリーや栄養が不足します。さらに熱帯夜が続くことで、寝不足になります。 こういったことが重なって夏バテになるわけです。


日本の暑さ対策

夏バテOL

夏バテとは最近のものではなく、昔から日本では悩みの種だったようです。日本では夏の暑さに対応するための知恵がいたるところにあって、蒸し暑い夏を乗り切ってきたようです。

その知恵のひとつが家です。昔の日本の家はほとんどが襖や障子で間仕切りしています。これらを全部あけてしまえば家の中を風が抜けて涼しくなります。

またお寺や神社などのように、高貴な人の家の床はかなり高くなっています。これは風通し良く湿気を防ぐというい役割がありました。 日本家屋は高温多湿に対応するために作られた日本人の知恵の結集だったようです。

そして、風鈴、金魚、花火、寄席の怪談話など、涼しくなる工夫が夏の風物詩でした。 エアコンや扇風機が登場するまでの時代、扇子やうちわが体を冷やすアイテムとして使われていました。また水浴びや行水などで体を冷やして、ウナギやドジョウを食べて栄養をとり、夏を乗り切りました。

現在では、どこの家でもエアコンがあり、スイッチを入れれば簡単に涼しい温度にすることができるようになりました。しかしそのエアコンがまた現代の夏バテの原因になってしまったのは皮肉な話です。

>> 夏バテの原因
>> 夏バテの症状