夏の睡眠対策

夏バテ対策
  1. トップページ >
  2. 夏の睡眠対策

夏の睡眠対策

毎年、梅雨が明けた頃になると熱帯夜も増えてきますね。熱帯夜(ねったいや)というのは、 日本の気象庁の用語で、「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が25度以上のこと」を言います。 まさしく、熱帯の夜ですね。

寝苦しいので、何度も夜中に目が覚めて睡眠不足になってしまって、日中の夏バテに加えて、 余計に体調を壊してしまいます。せめて夜だけは快適に過ごしたいものですね。 眠れない原因が熱帯夜だけなら、エアコンや扇風機を利用すれば、快適に眠れます。

しかし日中の夏バテによる ストレスや体調不良での睡眠不足も考えられるのなら、やはり根本的なところから対処するほうがいいでしょう。 どんな時でも快眠できる体質になれば、少々暑苦しくても睡眠不足にはならないです。


快眠できる体質になる

夏バテ解消法

熱帯夜でなくても眠れないなど、不眠の原因がストレスにある場合、まずはストレスと向き合って、不眠解消の方法を考えて見ましょう。

眠れない場合、次の方法を試してみてください。
・眠らなくてもよいと考え、眠るための努力をやめる。 そして例えば好きな音楽を繰り返し聴くことで、退屈な状態になって眠たくなってくることがあります。

・ヨガや気孔やアロマテラピーなど、自分にあった自己暗示法やリラックスできる方法を探してみる。

・ぬるめのお湯での半身浴をする。 ぬるめのお湯は血圧を下げ、交感神経 の緊張を抑えます。 半身浴は心肺機能への刺激が少な いので心地よい眠りを誘います。

寝つきが悪い場合、時にはまったく違ったパジャマを着て気分転換をはかったり、 部屋の模様替えをして環境や気持ちを変えてみるのもいいかも知れません。


体内時計をリセットする。

夏バテ解消法

人間の体には体内時計があります。その体内時計が狂うと体内リズムが狂って、昼間の仕事などにも悪影響がでてきます。

そうならないために、狂った体内時計をリセットしましょう。

まずは生活リズムを点検して、規則正しい生活を送るよう心がけください。そして次のことも試してみてください。
・日の光を浴びて、日中に2時間くらい散歩をする。
これは、昼間は明るいところで過ごした方が、夜に眠気を誘う成分のあるメラトニンの分泌量が多くなるからです。 また2時間程度のの散歩は快眠のためのほどよい運動にもなります。

・1日3食しっかり食べる。
1日3食しっかり食べて、食事のリズムをきちんとつくることです。 特に朝食は重要で宅朝食を摂ると血糖値が上がり、その情報が脳に伝わって体内時計が修正されます。

>> 夏バテの原因
>> 夏バテの症状