夏バテ解消料理/食品

夏バテ対策
  1. トップページ >
  2. 夏バテ解消料理/食品

夏バテ解消料理/食品

江戸時代の学者平賀源内が考えたといわれる「土用の丑の日」にウナギを食べる習慣は、現代でも夏の風物詩です。ウナギは、疲労回復に効くといわれるビタミンが豊富に含まれているので、これもあながち間違いではありません。


夏バテ解消料理のホント?!

夏バテ解消料理

夏に元気がでる料理の定番といえば「ウナギ」ですね。「土用の丑の日」にウナギを食べる風習は江戸時代の学者平賀源内が考案した日本発のキャッチコピーとも言われているようです。

それほどまでにうなぎは夏のスタミナ食として、現在でも人気の食べ物です。

ビタミンが豊富で疲労回復に効くといわれるウナギに次いで人気なのが「焼肉」です。ニンニクたっぷりのつけダレの焼肉はいかにも精力アップしそうな食べ物です。

しかし、現在ではウナギや焼肉をいくら食べても夏バテはあまり解消しないようです。 昔は栄養のあるものを補給すれば、体力が回復して夏バテを解消できました。

それは猛暑によって体力が消耗して、食欲不振で夏バテになっていたからです。 しかし現在の夏バテは、暑さの影響だけでなく、冷房との温度差などで自律神経の不調による体調不良で栄養だけを補給すればいいという状態ではなくなってきているからです。

胃腸が弱っている時に、脂っこいウナギや焼肉を食べると、逆に消化できなくなって症状を悪くしてしまいかねません。 また、冷たい飲み物をたくさん飲むことで、胃腸の状態を悪くしたり、栄養のバランスを悪くなり、よけい体調を崩してしまします。 現在の夏バテには胃の負担が少なく、栄養のあるものをとる必要があります。


夏バテ解消食品

ショウガ

ショウガは風邪に効くといわれていますが、実は夏パテにも効果がある食材です。ショウガは、胃液の分泌を促進して、食欲を増進する効果があります。

そして強い発汗作用があり、そのため新陳代謝を促進して体を温める作用があることから冷房病などに効果的なんです。

夏バテと感じた時には、風邪のときと同じように、ショウガを薄切りにして熱湯を注ぎ、ハチミツなどを加えて飲むといいでしょう。


サバ
  

福井県大野市では、江戸時代から続いている習慣があります。それは、夏至から数えて11日目の半夏生(7月2日頃)にサバを一人1匹ずつ食べることです。

サバは、昔から胃を丈夫にして、産後で体力が衰えた女性や、お年寄り、体力が弱い人などにいい食べ物とされていました。 青魚のサバ、EPA、ビタミンB2、カリウムなどを豊富に含んでいるからです。

サバに多く含まれているEPAには、血液の凝固を抑制する働きがあります。血流がよくし、血管を拡張するという作用があるため、体の細部まで血液が行き渡ります。冷え性の人にはとても良い食材です。


味噌
 

暑い時に熱々の味噌汁なんかと思いますよね。しかし味噌は夏バテ対策に期待できる食材なんです。

味噌には、良質のタンパク質、脂質、ビタミンB2、鉄、リン、カルシウムが含まれ、総合健康食品といわれています。 

麹による発酵作用で大豆のタンパク質が良質のアミノ酸に分解されて、非常に消化しやすい形になります。なんと味噌の消化吸収率は95%以上なんです。

夏パテで、胃腸が弱って消化機能が衰えているときには、味噌のような消化に優れた食品は、最適なんです。また、熱々の味噌は冷え性の解消にも効果的なんです。


バナナ

体がだるく食欲がない、といった夏パテの症状は、汗とともに大量のミネラル分が失われることによって起こる症状です。  夏場かく汗の量は想像以上に多いものです。

汗とともに排出されたミネラル分、特にカリウムが不足すると内臓機能が低下してそれが食欲不振を引き起こします。さらに筋肉の低下によりだるさや疲れといった夏パテの症状を招きます。

バナナは、カリウム、カルシウム、鉄、亜鉛、同などのミネラルが豊富でバランス良く含んだ果物です。そしてカリウムの量は他の果物と比べてもダントツに多く、みかんの2.5倍、リンゴの3.5倍も含まれています。

皮をむくだけで簡単に食べられるバナナは夏バテ解消の切り札となる食材です。

>> 夏バテの原因
>> 夏バテの症状