冷房しないで涼しくなる方法

夏バテ対策
  1. トップページ >
  2. 冷房しないで涼しくなる方法

冷房しないで涼しくなる方法

北海道を除く日本の夏は、気温もさることながら、湿度が非常に高くじめじめしたシーズンが何か月も続きます。現代ではエアコンなしに夏を過ごすことはできなくなっています。


除湿機能をうまく使う

うちわ

日本の夏は「暑さ」ではなく「蒸し暑さ」というように気温だけでなく湿度も非常に高く、エアコンの除湿機能がないと過ごせないくなっています。

冷房より除湿を使った方が冷えすぎないし、湿度が低いほうがダニなどの発生も抑えられるので、最近では除湿だけで過ごす人も多いようです。

同じ温度なら湿度が低いほうが快適に感じます。 しかしエアコンの除湿機能は原理的には冷房の機能が働いています。

冷房というのは、機械で空気を冷やしてから、パイプを通して室内に送る仕組みです。

この時、冷やされたパイプに水滴が付きますが、その水滴は室内の水蒸気が水になって付着したものです。この水滴を外に捨てれば、室内の水蒸気は少しづつ減っていきます。これが除湿機能なわけです。

従来のエアコンの除湿機能は、この冷房を弱くして湿度を下げています。つまり除湿機能だけを使っていても、実は冷房を入れているのと同じなんです。 最近では冷えすぎない除湿機能がついたエアコンもあるようなので、それらを使うと除湿だけでサラッとした快適な室内になるようです。

また、エアコンを使う場合でも、部屋のエアコン設定温度は外気温からマイナス5度を目安にしましょう。四季をとわず、急激な温度変化は身体にとって良くありません。室内の温度の設定を低くしすぎることは健康にわるいだけでなく、窓の結露を招いたりして建物にも悪い影響を与えます。

また電気代もかかりエネルギーの無駄にもつながります。できるだけ窓や玄関をあけて風通しのいい環境ですごすようにしましょう。


インテリアの色を変える

インテリア

人間の暑さ寒さは皮膚で感じるものと思いますが、100%そうではありません。

これは、海外のある工場での話しですが、従業員用のカフェテリアで室温を21度にして壁をブルーしたところ、従業員は「寒い」といって上着を着て食事をするようになりました。

室温を24度に上げても寒いと苦情が出たのです。会社はもしかするとブルーの壁が寒い原因かも知れないと、壁をオレンジに塗りなおしました。

すると今度は24度では「暑い」と言い出したのです。 そして21度まで下げると、今度は満足したのでした。 このように人間は肌に感じる温度だけでなく、目から入る情報で暑さ寒さを判断しているのです。

室内の壁の色が簡単に変えられないのであれば、白いレースにブルーのカーテンや、ベットカバーやソファーやテーブルカバーなどをブルーなどの寒色系のものに変えてみてください。

夏には、寒色系のインテリアにすることで、案外涼しく感じられます。温度のして2度~3度かも知れませんが、それでも冷房にかかる電気代の節約になるので、試してみてはどうでしょう。


窓・ドア開けの効果

風鈴

今でも地方に行くと夏に玄関を開け放った家も多く、昔は都会でも窓や玄関を開けて風を通していたものです。

エアコンや扇風機のない時代には、家の中に自然の風を入れるしか暑さをしのぐしかなかったわけです。 この自然の風を入れるというのは、かなり効果のある方法です。

自然の風を体に受ければ、体のまわりにまとわり付いている水蒸気の層が風に飛ばされます。それが爽快感を得られるのです。

気温が30度の時に、風速0.5メートル程度の風があたると2度も涼しく感じられるといいます。風速0.5メートルというのは、カーテンが少しゆれて、風鈴がチリンと鳴る程度の微風です。

窓や玄関を開けているだけで、この程度の微風は流れ込んできます。しかし現在では防犯などの問題で窓を開けておくことも難しくなっていますので、その点は注意しておいてください。

>> 夏バテの原因
>> 夏バテの症状