夏バテの原因と症状

夏バテ対策
  1. トップページ >
  2. 夏バテの原因と症状

夏バテの原因と症状

夏バテといえば暑さだけを考えがちですが、現在では暑さだけでなく、エアコンなどの冷えも原因になることもあります。外気がと室内などの気温差が10度以上ある場合、体が気温について行かずに体調をこわすこともあります。

暑いだけでなく、湿気の多い日本の夏が苦手だという人も多いのではないでしょうか。とは言え日本に住んでいる間は毎年くる暑い夏に備える必要があります。それにはまず夏バテの正体を知り、予防をしなければなりません。


冷房病という夏バテ

夏バテペンギン

現代では、オフィスやさまざまな施設には、ほとんどエアコンが設置されて冷房がきいた状態になっています。

そして、道路からの太陽の照り返しや、ビルからの放射熱により、都会ではより暑く感じるようになっています。

そのため冷房の効いた室内と、夏の昼間の温度差が10度以上になることは珍しくありません。

人間はそうした温度差に対応できなくて、手足の冷え、だるさ、頭痛、めまい、夏風邪などの、さまざまな症状が表れます。 これらは、冷房病などと呼ばれてますが、現代において夏パテの一種なんです。

特にビジネスマンの方で夏の炎天下でも外回りを行う必要がある人には過酷な状況だと思います。 社内、客先、交通機関など冷房の効いた設備と、炎天下の温度差ははげしく、汗をかいた状態で体を冷房で冷やすという繰り返しが冷房病という夏バテの大きな原因にもなっています。


温度差が体に与える影響

夏バテ会社員

例えば、室内は23度、室外は35度以上という環境で室内と室外を何度も出入りすると、体はどうなるのでしょう。体が温度差にうまく対応できなくなってきます。

皮膚の欠陥が広がったまま、もしくは縮まったままになり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

そうなると体温保持ができなくなって、手足や腰の冷えや、体のだるさ、頭痛、めまい、夏風邪などのさまざまな症状が表れます。

極端な温度差の環境が冷房病という夏バテを生んでいるのです。

>> 夏バテの原因
>> 夏バテの症状