汗と臭い対策

夏バテ対策
  1. トップページ >
  2. 汗と臭い対策

汗と臭い対策

暑い夏に汗はつきものです。汗が悪者のように言われることもありますが、健康のために必要な生理現象なのですが、 時と場合によってはジャマモノです。また仕事中など人に迷惑をかける汗の臭いは、やはり対策が必要ですね。


発汗のメカニズム

夏バテ解消法

汗は血液中から作られます。体温の上昇を脳が感知すると血液中の水分を汗腺に取り込み、汗を皮膚表面に出すのです。

汗をかく原因は大きく分けて次の3種類に分類されます。

1温熱性発汗
気温の上昇や運動などで上がった体温を下げるためにかく汗です。ほぼ全身の汗腺が機能して汗を出します。 これは、水分が蒸発するときに周りの熱を奪う性質を利用した「打ち水」と同じ原理ですね。

2精神性発汗
精神的興奮や緊張などの感情の変化や、痛みなどの刺激によってかく汗で、気温とは無関係に起こるようです。 手のひらや足の裏などに出るもので「手に汗握る」という表現のルーツはこれです。「冷や汗」と もいわれるのは発汗するときに血管が収縮し皮膚の温度が下がっていることが多いからといわれています。

3味覚性発汗
カレーやキムチなどの辛い物や熱い物を食べたときにかくのがこのタイプの汗。鼻の頭や唇の周り、頬などの部 分に汗をかくもので、頭や顔の温度を下げて、温度の変化に敏感な脳を冷やすためではないかといわれています。 その他に、病的な発汗がありますが、ここでは省略します。


汗臭さを抑える方法

夏バテ解消法

汗をかくと気になってくるのが臭いですね。その汗の臭いの原因は何なんでしょうか。 本来、汗は無色透明で無臭なんですは、汗をかくことで皮膚に存在する細菌(表皮ブドウ球菌・アクネ常など)が 繁殖して汗を臭くしてしまいます。

汗の臭いをさせないように、日ごろから皮膚を清潔にしておくことが必要です。 夏の間は、入浴やシャワーで汗を流して、皮膚の清潔を保っていおくことで、汗の臭いを抑えることができます。

しかし、仕事をしているとすぐに汗を流したりすることが、できませねん。そんな時には汗を素早く吸収して乾燥させる 素材の下着を着けるなども、汗臭さ対策のひとつです。

最近では着るだけでひんやりとした肌触りで、汗の吸水性に優れて、かつ汗の発散性のよい素材の下着が いろいろなメーカーから販売されていますので、汗臭さ対策にもベストな下着でしょう。

≫ 接触冷感 下着を見てみる